ブログ

6月26日 木曜日
おはようございます!

ハイパーむかいです('◇')ゞ


今日の心がけ ◆感謝の気持ちを深めましょう◆



「ありがたい」「おかげさまで」「恩に着ます」といった、感謝の気持ちを表す言葉を、普段どのくらい使っていますか。

直接的に何かをしてもらったときは、「ありがとう」という言葉は出てきやすいものです。しかし、目に見えないけれど、自分を陰で支えてくれる人や物には、なかなか心が向きません。

「花を愛する人はあるけれど、根を愛する人は少ない」という言葉があります。
植物は、大地から栄養を与えられることによって、美しい花を咲かせます。天高くそびえる大樹も、地中深く根を張っているからこそ揺るがないのです。

そうした自然の摂理は、私たちの生活にも当てはまります。親や祖先という根があるからこそ、今こうして暮らしていけるのでしょう。

自分の命を陰で支えてくれる、親や祖先に心を向けましょう。感謝の念が深まることで、表情や態度が明るくなり、心が素直になって、より豊かな人間関係を築けるはずです。



今日の心がけ ◆感謝の気持ちを深めましょう◆



さぁ~ 今日もハイパーにいきましょう(∩´∀`)∩
6月25日 水曜日
おはようございます!

ハイパーむかいです('◇')ゞ


今日の心がけ ◆辞書を引く習慣をつけましょう◆



「君のレポートは、難しい言葉をいくつか使っているね。失礼な質問かもしれないが、自分で理解して使っているのだろうね」

業務報告書をまとめて、課長に提出したAさんは、課長からそう指摘されました。難しい言葉とは、「コペルニクス的転回」でした。実は、コペルニクスのことはよく知らないままに、なんとなく良い表現だと思って使ったのです。

続けて課長から、辞書を引くことを進められました。『辞書を引く習慣をつけると語彙が広がるし、漠然と使っていた言葉の本当の意味を知ることで、勉強にもなる。手間を惜しむなよ』と助言されたのです。

さっそくAさんが辞書を引くと、コペルニクス的転回とは、「当時の常識だった天動説に対して、地動説を唱えた、コペルニクスの天文学説上の転換にたとえて、ものの考え方が正反対に変わること」を意味すると知りました。

「そうした意味なら、今回のレポートには大げさ過ぎる」と悟ったAさん。改めて辞書を引いて、もっと適切な言葉をあてて、報告書を完成させたのでした。



今日の心がけ ◆辞書を引く習慣をつけましょう◆



さぁ~ 今日もハイパーにいきましょう(∩´∀`)∩

雑談力

6月24日 火曜日
おはようございます!

ハイパーむかいです('◇')ゞ


今日の心がけ ◆雑談力を磨きましょう◆



職場内のデジタル化が進むと、社員間での会話が減りがちです。そんな中、雑談は会話を弾ませ、コミュニケーションを活発にするきっかけにもなります。

山梨県職員のN氏は、略語づくりの名人です。例えば、N氏が部下に伝える「ソノカク」は、「その後どうなったか確認してください」の略語です。

雑談を意識したN氏の略語をきっかけに、会話が弾み、「次にはどんな略語が飛び出すか」など、職場の話題にもなっているそうです。

日本能率協会の調査によると、職場でコミュニケーションが不足している相手のトップは『上司』で、親睦を深める有効な方法は「雑談」という声が最も多く挙がりました。

上司の立場で、多彩な部下をまとめていくのは、仕事以上に大変でしょう。また、部下の立場に立てば、上司の言葉はそれだけで権威的に聞こえます。

適度な雑談は、職場内のコミュニケーションを促します。特に上司からの雑談は、張り詰めた空気を和ませ、仕事の効率を高める力も秘めているのです。



今日の心がけ ◆雑談力を磨きましょう◆



さぁ~ 今日もハイパーにいきましょう(∩´∀`)∩
お問い合わせはこちら